Loading

最新NEWS

【3年生】TOMAS交流大会決勝トーナメント結果

11/26(日)南山覆蓋Gで行われた「2023年度第7回TOMAS東京都3年生サッカー交流11ブロック大会」決勝トーナメントの結果をお知らせします。

TK SPERARE 0-0(PK5-4)多摩SC
TK SPERARE 0-0(PK2-3)青葉FC

前日までと打って変わり真冬のような寒さの中、トーマス交流大会の決勝トーナメントに臨みました。

初戦の相手は多摩SCさん。試合開始から殆どが相手陣内での試合展開となりましたが、多摩さんのゴール前の硬いDFをこじ開けられず、焦りから余裕を持ったプレーは一切鳴りを潜め、適当に蹴る、混んでる所に突っ込む、サイド展開もしない、縦にも入れない、個でも仕掛けない・・・。ダメ出しをすればキリがないようなプレーの連発で時間だけが過ぎていきました。業を煮やしたGKも前線に参加し、逆にカウンターで危ない場面もあったり。結局両チーム無得点のまま試合終了でPKに突入。GKのS君の活躍もあり何とか勝利しましたが、ギリギリのベスト16進出でした。勝ってもたいして喜ばなかったのが、選手自身も何か不甲斐なさみたいなのを感じていたのでしょう。ともかくこれでベスト16進出です。

ベスト16の相手はシード枠の青葉FCさん。1試合目とは全く違う動き。いつもの強いプレスからボールを奪い、グランドを広く使っての攻撃。両サイドはしっかり落ちてインターセプトを狙い、ライン設定は高くコンパクトにしながらチャレンジとカバーを繰り返す、選択肢を広くみる・・・。これがこのチームの本来の動きだと胸を張って言えるプレーでした。両チームとも数度の決定機を作り互角の勝負でしたが、この試合も0−0のままPK戦に突入。GKもよく反応しましたが、相手3人にきっちり決められ惜敗。強い良い相手にとてもナイスゲームでした。初めてのブロック大会はベスト16で終了。あと一歩でベスト8へ手が届きませんでした。その価値をわかる選手達は泣き崩れていました。

守備時での個戦術、グループ戦術・チーム戦術は少しずつクリアできるようになってきました。これは多摩CLの経験のおかげです。やり続けて良かったと思います。課題は得点への迫力です。今日は2試合ともに得点0点でした。飛び抜けたスーパープレイヤーがいない中で、サッカーをどう理解し、グループとしてどう点を取りに行くのか。寄せの速さや球際の強さを練習から活かし、どう前に運び得点に繋げていくのか。やることはまだまだありますが、伸びしろの大きな選手達ばかりです。1歩づつみんなで成長していきましょう。今日も大勢の保護者の皆様、完全防備で応援に駆けつけていただきありがとうございました。これからもサポートよろしくお願いいたします。

TKスペラーレではメンバーを大募集中。一緒にサッカーやりませんか?随時体験出来ますのでぜひグランドに遊びに来てください。お問い合わせはこちらから!

関連記事

  1. 【アリエッタ】リハウスリーグ結果
  2. 【4年生】多摩市春季大会結果
  3. 【TOP】リハウスリーグ結果
  4. 【アリエッタ】リハウスリーグ後期第2節結果
  5. 【アリエッタ】ディノスカップ東京都少女サッカー大会結果
  6. 【3年生】練習試合結果
  7. 【TOP】練習試合結果
  8. 【アリエッタ】アリエッタ&フェリシダージェ合同卒業記念大会の結果…
PAGE TOP