Loading

最新NEWS

【3年生】ムスタングカップ3年生大会結果

12/10(土)諏訪小で行われたムスタングカップ3年生大会の結果をお知らせします。

TK SPERARE 1-0 落合SC
TK SPERARE 0-1 FC SEISEKI
TK SPERARE 0-2 聖ヶ丘SC

初戦の相手は落合SCさんでした。試合開始前に招待大会は3試合勝てば優勝、1番目立った子が優秀選手をもらえるということ、簡単に目立つには「声を出すことだよ」と伝えました。試合を開始するといつもよりも動けて声も出ていたと思います。こちらがボールを支配する時間帯が多かったですが、最近の大きな課題である『得点の匂いがしない』展開が続きました。左サイドからの折り返しで見事なシュートが決まりましたがオフサイド。でもこのパターンはみんながもっと覚えて意識して欲しいところです。時間も少なくなり、引き分けかと思っていた後半14分、ゴール前につめていたH君のゴールで先制。これが決勝点となり勝つことが出来ました。敗けてばかりだった3年生にとって、十何試合かぶりの勝利になりました。

続く2試合目はSEISEKIさん。SEISEKIさんも1試合目で落合さんに勝っていたため、「この試合に勝てば決勝だよ」ということを伝えて試合にのぞみました。SEISEKIさんらしいサイドへのパスの展開に苦しみましたが、しっかりと体を当てる、入れるの守備ができていました。キーパーや最終ラインの声も聞こえ、マークの確認なども出来てます。先制はSEISEKIさんになりました。左サイドから崩されたところで、ディフェンス2枚がつられてしまい、逆サイドでフリーで待つ選手へパスを出されキーパーとの1対1を冷静決められました。逆サイドが空いているなと気付いて中盤の選手が下がって欲しかったところでしたが、これはまだまだ意識ができていませんでした。練習からしっかりと意識してやっていきたいところです。残念ながらそのまま0-1で敗れ、3位決定戦にのぞむことになりました。

3位決定戦の相手は聖ヶ丘SCさん。プレスの早い聖ヶ丘さんに対して、近くの味方を使って崩すところはできていました。でも逆サイドが見られる様になると、もっと楽に攻撃できるようになります。これから全員がそこを理解できるよう練習していきましょう。首をふる意味、味方のポジションや攻めるためにパスをもらう動きなど、これから覚えて欲しいことがいっぱいです。相手に抜け出されて、失点するパターンで敗けてしまいました。終了の笛と共に泣き崩れる子が何人もいて、いつもの試合もこの気持ちでのぞめばもっと結果はついてくることを試合後に伝えました。みんなが悔しい4位となりましたが、終わってみれば多摩市秋季大会のベスト4に残ったチームとの試合でも十分にやれたし、力はついてきているから自信を持ってやって良いと伝えました。入部して即試合だったH君も緊張しつつも頑張っていました!

ご招待いただいたムスタングFCの皆様ありがとうございました。今後も交流をよろしくお願いいたします。応援いただいた保護者の皆様もありがとうございました。

TKスペラーレではメンバーを大募集中。一緒にサッカーやりませんか?随時体験出来ますのでぜひグランドに遊びに来てください。お問い合わせはこちらから!

関連記事

  1. 【3年生】多摩チャンピオンズリーグ(CL)結果
  2. 【4年生】多摩市春季大会結果
  3. 【TOP】多摩市秋季大会結果
  4. 【1・2年生】練習試合結果
  5. 【4年生】多摩チャンピオンズリーグ(CL)結果
  6. 【5年生】多摩チャンピオンズリーグ第8節結果
  7. 【アリエッタ】多摩SC女子部卒団記念招待大会の結果
  8. 【TOP】多摩市秋季大会結果
PAGE TOP